猫背について

こんにちは。
水井です!

今回は猫背についてです。

6つ以上該当すれば重症!!

猫背度がわかる12のチェックリスト

以下の項目にいくつ当てはまるか、確かめてください。

(1) いつも肩こりがある
(2) 気が付くと地面を見て歩いていることが多い
(3) お尻が垂れている
(4) 首あたりが張っている
(5) 自然に立った時、お腹がポッコリ出ている
(6) 背中が丸まっている・姿勢が悪いと言われたことがある
(7) O脚である
(8) 足を引きずるように歩く癖がある
(9) 靴底の外側の減りが速い
(10)うつむいてスマホをいじることが多い
(11)腰痛がある、または腰痛になりやすい
(12)顎を突き出しているほうが楽である

当てはまる項目が1~5個ある方は猫背の傾向あり
放っておくと、どんどん進行する可能性があります。
6~12個の方はかなり重症な猫背です。

では猫背でいると何が悪いのでしょうか?

猫背がもたらすデメリットとは

1・健康面
2・美容面
3・精神面

に影響してきます。
では一つずつ詳しく見ていきましょう。

1健康面でのデメリット

人の頭は個人差もありますが、体重の約10%となります。
なので体重60キロの人で約6キロになるのです。
ボーリングの玉で言えば約13ポンドになります。
画像の説明
ボーリングの玉が身体の頂点にあり、それを支えているのが首や背中の筋肉。
それに骨です。
猫背の姿勢では、この重みが前に傾き体の中で細い部分である首に相当な負担をかけています。
また背中が丸まることで内臓がギュッとつぶされた状態になります。
これらの相乗効果によって猫背の人が抱える「健康面のデメリット」は以下のようになります。

・肩、首こり
・腰痛
・頭痛
・血行が悪くなる
・リンパが滞る
・冷え性
・疲れやすくなる
・便秘(内臓圧迫によるもの)
・重い生理痛(内臓圧迫によるもの)

などなど。
さらに言えば血行不良による眼精疲労や貧血内蔵機能低下による身体の不調も表れやすくなります。

2美容面でのデメリット

猫背による内臓圧迫やリンパ液・血流不良は「美容面のデメリット」も多数引き起こします。
画像の説明

・顔や足のむくみ
・カサカサ肌
・肌のくすみ
・化粧のノリの悪さ
・太りやすくなる
などなど。

また猫背の姿勢そのものによる視覚的なデメリットもあります。
・覇気がなく、だらしなく見える
・お腹がポッコリ出て見える
・年齢よりも老けて見える
・顔が大きく見える(頭が前に出ているため)
・筋肉を使わないため、お腹やお尻がたるむ
などなど。

キレイになることを目指す上でも猫背はデメリットだらけ。
逆に言えば、猫背を治すだけで上記のようなコンプレックスを解消できる可能性があります。

3精神面でのデメリット

猫背の姿勢が自律神経を圧迫することを知っていますか?

脳と脊髄を包んでいる「脳脊髄液」
この液体が循環することで脳の機能を良好に保っているのですが猫背の姿勢で
首や頭蓋骨のスキマが詰まると、この液体もそこで詰まってしまいます。
脳脊髄液の循環が滞ると、脳へ行くはずの栄養が不足し機能が低下して
・頭痛
・吐き気
・だるさ
・目の奥の痛み
・集中力の低下
・記憶力の低下
などを招きます。

そしてさらに
・抗うつ症状
自律神経失調症
画像の説明
などを引き起こしやすくなるのです。
「顔が笑っていると脳は楽しいとおもいこむ」という例が示すように感情と身体は密接につながっています。

落ち込んでため息をついているときは背中が丸くなりうつむきがちになりますよね。
特に落ち込んでいなくても筋肉(カラダ)が背中を丸めてうつむいた猫背の姿勢をとることで、脳が「落ち込んでいる」と勘違いし気分が沈んでくるのです。
長くなってしまいますので今回はここまでとさせていただきます。
次回は「姿勢を正すメリット」と「猫背の原因」についての説明していきます。

a:273 t:4 y:3

コメント


認証コード5956

コメントは管理者の承認後に表示されます。