お風呂に入るメリット

画像の説明

こんにちは!東田です!

今回はお風呂に入るメリットを紹介します!

お風呂は身体をほぐし新陳代謝 を高め、血行を良くしてくれます。
身体 の免疫力も高まると言われています。

お風呂に入ることにより血行がよくなり多くの効果が得られます。

1.身体が温まることにより血管が広がることで新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促します。

2.温度の高いお風呂は、緊張、興奮の自律神経「交感神経」が優位に立ち、しっかりと目が覚めた状態となります。

3.ぬるめのお風呂は、気持ちを鎮める働きをするリラックスの自律神経 「副交感神経」が優位に立ち、落ち着いた気分になります。

◎日本人がもっとも気持ちの良いと感じる温度は
「42℃」です。

画像の説明

また足には全血液量の約三分の一が集まり、この血液が心臓に送り返されるため
「足は第二の心臓」と言われています!

足の血液は、陸上では、重力が邪魔をして血液が心臓まで上がりにくくなります。

ところが、入浴すると水圧で血管が細くなり血液が心臓に向かって押し上げられます 。

血行が良くなるプラス水圧の効果により
血液やリンパ液の循環も良くなります。

冷え性をお持ちの方は
特にお風呂への意識を持つことが大切です!

コメント


認証コード6335

コメントは管理者の承認後に表示されます。