更年期症状について

こんにちは。
水井です!!
今回は更年期による症状の緩和についてです。

就寝前に少しだけ頑張ろう!!

寝る前のストレッチは心身のリラックスに有効ですが、更年期症状の改善にも有効です。

【10分のストレッチで更年期症状が改善】

閉経を挟んで10年間に、顔がほてる・寝られない・疲れやすいなどといった更年期症状を経験をされる女性は多いです。
また更年期女性の約25%が、気分が落ち込む「抑うつ状態」に陥るという調査結果も出ているといいます。

これまでもジョギング・エアロビクスなど、強度が中程度以上の運動で「更年期症状」と「抑うつ」が改善されると報告されています。
しかし、顔のほてりの症状が出ている方には激しい運動を行うと、顔のほてりが更に出やすくなる可能性があり、他に更年期女性の多くは仕事や家事に忙しく、
運動のための時間を取れないなどの問題もある。
だが、強度の低いストレッチであれば、顔のほてりも出にくく忙しくても手軽に実行しやすい。
画像の説明

とある研究で

更年期症状のある働く女性(平均年齢51歳)40人を、
寝る前に10分間、ヨガの動きを取り入れたストレッチを3週間継続するストレッチ群と
通常生活を送る比較群に分け、更年期症状と抑うつへの影響を調べた。
結果、ストレッチ群では正常レベルまで改善がみられ、比較群には変化がみられなかった。

との事です。

更年期障害に悩む方だけではなく、肉体と精神の疲労改善のために男女関係なく寝る前のストレッチはおススメしております!!!

ハードな運動ですと尻込みしてしまう方でも、10分間のストレッチなら無理なくできるはずですし、何よりも、よりよく熟睡できるし疲労回復力も上がります!!

一日の心身の疲れをリフレッシュさせ、また明日から頑張るためにも
毎日の10分間ストレッチを頑張りましょう!!!

a:409 t:1 y:0

コメント


認証コード8705

コメントは管理者の承認後に表示されます。