インナーマッスル お腹

こんにちは。水井です!
今回はインナーマッスルの腹筋編です!

『腰が痛い』
『椎間板ヘルニアの予防に』
『ポッコリお腹の解消に』
『姿勢を綺麗にしたい』
とお考えの方はお腹まわりのインナーマッスルを鍛える事をおススメします。

お腹まわりのインナーマッスルとは??

お腹のインナーマッスルとは腸腰筋・骨盤底筋・多裂筋などがあり、日頃あまり耳にしない筋肉ですが体幹と骨盤・または体幹と足に繋がっており重力等からカラダを安定させるための重要な筋肉です。

インナーマッスルが低下・弱化するとどーなるのか?

お腹周りのインナーマッスルが衰えてくるとカラダを支える安定性が失われ、ふらつくようになったり姿勢が悪くなっていきます。
お年寄りの方の腰が曲がり、歩幅がせまく、すり足で歩くようになるのはカラダが支えられなくなって足が上手く上がらなくなるからです。

お腹のインナーマッスルを鍛えるメリット!!!

1・代謝がよくなる!

 腹筋を鍛えると代謝がよくなり太りにくい体質になります。

2・ポッコリお腹の解消!

 腹筋が衰えると内臓が下がってきます。
鍛える事で内臓を押し上げ・引き上げ正常な位置にし、ポッコリお腹を解消してくれます。

3・便秘解消に!

 内臓の位置が戻り動きがよくなります。
すると腸の動きも活発になるので便秘解消になります。
またお腹に力を入れやすくなるので「いきみ」やすくなるので排泄しやすくなります。

4・姿勢がよくなる!

 お腹まわりのインナーマッスルを鍛えると体幹がしっかりと安定するので姿勢の改善につながります。

5・腰痛の改善!

 体幹のインナーマッスルを鍛える事により姿勢が正せ、腰だけに負担がかかりにくくなり腰痛の改善につながります。

代表的なお腹のインナーマッスルの鍛え方

・ドローイン

画像の説明
                   ⇩
画像の説明
 
息を吐きながらお腹をひっこめる事で腹圧がかかりお腹周りのインナーマッスルが鍛えられます。
しかもドローインはお腹を引っ込めるだけなのでいつでもどこでもできます。
インナーマッスルの鍛え方で一番簡単な方法なのでぜひ参考にして頂けたらと思います!

他にもストレッチしながらや、イスを使ったエクササイズ・定番のプランクしこ踏みスクワットバランスボール等々たくさんありますが、まずはドローインから始めていただけたらと思います。

もっと鍛えたいという方は詳しくご説明させて頂くので、ご来院の際にお申し付けください♪♪
a:671 t:1 y:0

コメント


認証コード8741

コメントは管理者の承認後に表示されます。