太陽光を浴びるメリット

こんにちは!
水井です。

皆さんは日頃、太陽の光を浴びていますか?
紫外線はシミ・シワなど、お肌や健康の大敵だから極力浴びないよう避けている方も多いのではないでしょうか?
実は太陽光を浴びることによってのメリットがたくさんあるので今回は紹介していきます。

カーテンを閉め切って日中、暗い部屋の中で過ごしたり、太陽光を浴びないような夜型の生活を続けると体内時計が乱れ、時差ボケのような状態になったり慢性化するとセロトニンの働きが鈍くなる場合があり、そうなると不眠症や睡眠障害・自律神経失調症・うつ病などの精神疾患にもつながります。
※セロトニンは脳内神経伝達物質の1つ。感情的な情報をコントロールし心のバランスを整える働きがあります。

太陽光を浴びるメリット

1・落ち込んだ気持ちを回復させる

2・免疫力アップ・美肌効果

3・血圧を下げる効果も期待できる 

それでは一つずつ簡単に説明していきます。

1・落ち込んだ気持ちを回復させる

・網膜(目)から太陽光が入ってくるとセロトニンが反応し分泌量を増やします。
・毎朝、太陽光を浴びることでセロトニンが自律神経に働きかけ、交感神経を刺激し脳を覚醒させます。

最近、気持ちが落ち込んでる・イライラするという人は、もしかしたらセロトニンが不足しているのかもしれません。
そんな人は一度太陽光を浴びてセロトニンを生成させましょう
画像の説明

2・免疫力アップ・美肌効果

・太陽光はコレステロールをビタミンⅮに変化させます。
ビタミンⅮは健康な歯・骨を作り、疲労回復効果もあります。
また新しい肌細胞を成長させるので肌荒れを治したり、コラーゲンの生成を促したり、くすみ肌を解消し美肌にも大活躍してくれます。
さらにビタミンⅮには免疫システムの働きを助け、呼吸器感染症を予防・炎症を抑える・血管や心臓病の機能を改善する・細胞レベルの老化を防ぐなど、たくさんの有益な働きがあります。

3・血圧を下げる効果も期待できる

・『皮膚が日光(紫外線)を浴びると血圧を下げる化合物(一酸化窒素)が血流に放出されることがわかりました。』と、皮膚科学の博士が発表しています。
・一酸化窒素は血管の弛緩させて広げる作用があり、その結果、血圧を下げます。
高血圧は脳卒中や心臓発作などの心臓血管疾患の主なリスク要因になるので、日中に数十分程度のウォーキングが効果的だと思われます。
画像の説明

1日15分、太陽光を浴びよう!

・太陽の光を浴びることでカラダや心の不調が改善されるかもしれません。
 基本的に毎日浴びなくても良いです。週に3から4日、1日15分程度で良いです。
 どうしても辛いときは木陰で30分程度いることで少しは効果を得られます。

もちろん浴びすぎはシミ・シワ・皮膚がんのリスクを高めますので、浴びすぎないよう気を付けてください。


トップページ
奈良の整体で痛みやダルさ解消なら、2010年開業、奈良市のくつろぎカイロプラクティック整体院!奈良線新大宮駅から1分と好立地!肩こり、腰痛、スポーツ障害、頭痛、骨盤矯正、O脚改善など、体の不調ならお任せください!

↓↓↓いつもの24時間かんたん予約はこちら↓↓↓

ブログ見てくれてありがとうございました。

総アクセス:950 Today:1 Yesterday:0

    コメント


    認証コード1893

    コメントは管理者の承認後に表示されます。