免疫力UP

こんにちは。
水井です♪

この時期インフルエンザが流行していますが皆様は大丈夫でしたか?
免疫力が下がればウィルスや細菌を撃退できずインフルエンザ等の病気を発症してしまいます。
免疫力向上のためには体温をあげるのが効果的です。
今回のブログでは体温を上げる方法を紹介していきます。

では、まず
なぜ体温を上げると免疫力が向上するのか?
免疫細胞つまり白血球は血液の中に居て血液に乗って身体中を巡ることで体内を巡回し異物から守っています。
カラダの冷えなどによって体温が下がると血管が収縮し血行が悪くなります。
そうなると体内に異物を発見しても、それを素早く攻撃する白血球が集まりにくくなりウィルス・細菌を撃退することができず病気を発症してしまいます。

免疫力が正常に働く体温が舌下体温で36.5~36.7℃と言われてます。
しかし現代人は低体温傾向にあると言われています。
免疫力は1℃下がると30%低下し、1℃上がると最大5~6倍アップすると言われており、体温を上げることが重要だということが分かります。

日常生活でできる体温アップの方法

低体温というと体質的なものと思われるかもしれませんが日常生活の中にも低体温を招く要因が多々あります。体温を上げて免疫力を高めるため日常、心がけてほしいことが、
1.食生活の見直し
2.入浴方法の見直し
3.継続的に運動する
となり、以下に細かく説明していきます。

1食生活の見直し

 食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。
体を温める食べ物、冷やす食べ物の一例を紹介します。
【体を温める食べ物】
・野菜類
 生姜・唐辛子・ニンニク・にら・大根・玉ねぎなど
・果物・ナッツ類
 栗・桃・ザクロなど
・魚介類
 サバ・アジ・イワシ・エビ・カツオなど
・肉類
 羊肉・鶏肉・鹿肉
・その他
 卵・みりん・味噌・ごま油など
・飲み物
 日本酒・梅酒・紅茶・ココアなど
画像の説明

【体を冷やす食べ物】
・穀類
 そば・小麦
・果物・ナッツ類
 バナナ・マンゴー・パイナップル・柿・梨など
・魚介類
 カニ・牡蠣・シジミなど
・肉類
 馬肉
・そのほか
 こんにゃく・豆腐・バターなど
・飲み物
 牛乳・緑茶・コーヒーなど

体を冷やす食材をとる場合は加熱調理をしたり、体を温める食材・香辛料などと一緒に摂ったりし、うまくバランスをとるようにしましょう。

2.入浴方法の見直し

シャワーだけで済まさずに湯船に入ることを心がけましょう。
また42℃以上の熱いお湯だと交感神経が刺激されて興奮・緊張状態になってしまうので41℃以下のお湯で10分以上入ることを心がけてください。
時間があるときは38~40℃の半身浴を20~30分行ったり、40℃程度のお湯で足湯をするのも全身を温めるのに効果があります。

3.継続的に運動する

加齢や運動不足によって筋肉量を低下させると体の熱を生産しにくくなり体温の低下につながります。
30分程度のウォーキングなど適度な有酸素運動を出来れば毎日続け筋肉アップを図りましょう。
ただ激しすぎる運動は逆に免疫力を低下させてしまうので適度な運動を継続的に行うことを目指していきましょう。
画像の説明


トップページ
奈良の整体で痛みやダルさ解消なら、2010年開業、奈良市のくつろぎカイロプラクティック整体院!奈良線新大宮駅から1分と好立地!肩こり、腰痛、スポーツ障害、頭痛、骨盤矯正、O脚改善など、体の不調ならお任せください!

↓↓↓いつもの24時間かんたん予約はこちら↓↓↓

ブログ見てくれてありがとうございました。

総アクセス:931 Today:1 Yesterday:0

コメント


認証コード2180

コメントは管理者の承認後に表示されます。